openSUSE Leap 43.2 インストール記

業務で使うPC(ゲーミングPCとかけてギョーミングPCと呼んでいる)に今まで KDE neon を使っていたのだけど、もっとエンタープライズ寄りな環 境に仕立て上げたくなったので、新しめの KDE が使えてエンプラ系も意識している openSUSE Leap に乗り換えてみることにしました。

そのインストールの記録。

インストール中にやること

  • 暗号化LVMを有効にする。
  • たくさんアプリ入れると思うので、ルートパーティションを40GB->80GBに変更。 btrfsのスナップショット機能用に、見積の2倍のサイズを設定したほうがよいと思わ れる。
  • swapは4GB確保。
  • 残りすべてを /home に確保。ファイルシステムはXFS。
  • 自動ログインは無効。
  • デスクトップ環境は KDE Plasma 5 にする。
  • パッケージは後々の作業用に、devel_basis(基本的な開発)、devel_kernel(Linux カーネル開発)、devel_C_C++(C/C++ 開発)、devel_python3(Python 3 開発)、devel_java(Java 開発)を追加で選択。
  • ゲームは削除。

初回ブート後

  • デスクトップが立ち上がったらまずKDEコントロールセンターでCapsLockをCtrlに割当て。
  • sudo zypper patch して再起動
  • IMはfcitxのほうが好きなので sudo zypper install fcitx fcitx-mozc する。
  • YaSTでホスト名を変更して再起動。
  • Mozc の設定開いてスペースは常に半角入力にするように設定。
  • AZIK民なのでFirefox立ち上げて、AZIKのローマ字マップ をダウンロード、mozcの設定開いてインポート。
  • YaST開いてファイアウォールの設定を開き、KDE Connectを許可。スマホとKDE Connectをペアリング。

開発環境構築

ここからギョームに使うアプリをいろいろと入れていく。

VMware Workstation Pro

VMwareのサイトからインストーラをダウンロードしてインストール。 Shared VMの保存場所は /home/vmware/Shared VMsにした。

ところで、VMware はなぜかゲストOSで Alt+Tab をすると、ホスト側での Alt+Tab が 正常に機能しなくなる。これは KDE neon でも発生してた。

IntelliJ IDEA

JetBrainsのサイトからインストーラをダウンロードしてインストール。 JRE同梱版のほうがよい。

SublimeText3

https://www.sublimetext.com/docs/3/linux_repositories.html に書いてあることをやる。

GitKraken

公式ではパッケージは .deb しかないので、.tar.gz をダウンロードする。 KDEメニューエディタ起動して手動でメニューに追加。

Vagrant

実はCentOS用のRPMがそのまま使える。

その他もろもろ

  • tmux
  • powerline
  • kdiff3
  • KRDC

zypper でさくっといれる

~/.bashrc に Powerline の設定書く。

# Powerline
. /usr/share/powerline/bash/powerline.sh

Firefox (Quantum)

デフォルトの Firefox は 52 ESR でちょっと古い。 Quantum の軽快ぶりに慣れてしまった今ではちょっとストレスなので、最新のものを入 れるようにする。

jsaito@labor:~/> sudo zypper ar http://download.opensuse.org/repositories/mozilla/openSUSE_Leap_42.3/ 'Mozilla
jsaito@labor:~/> sudo zypper ref
jsaito@labor:~/> sudo zypper in MozillaFirefox

すでにインストールされているFirefoxと衝突するのでどうするかプロンプトがでるが、 すべて「〜をインストールする(ベンダを変更する)」を選択すればOK。 YaSTでやったほうが楽かも。

Google Chrome

公式からRPMをダウンロードして入れる。


以上、だいたいこの辺があればなんとかなる感じで最近はやっていってます。

KDE neon から乗り換えた印象としては、実は KDE neon のほうが安定していた感があ ります。特に plasmashell のプロセスがはちゃめちゃにCPUを喰らうバグ がつらい。 でも geeko がかわいいので許す。

かわいい

(photo by Peter Ellis , CC-BY-SA 4.0)

あと少し待てば次のバージョンの openSUSE Leap 15 が出るはずなので、もうちょっと 様子を見ようと思います。

social